GOODスマイルは歯並びと関係アリ|矯正歯科でイイ歯並びGET

歯科

注目される矯正治療

矯正治療の歴史と変化

矯正歯科治療の歴史は古いものでは紀元前まで遡ると言われています。当時のフランスなどでは、すでに歯列矯正のために矯正用器具が用いられていたことがわかっています。 現代の矯正治療の基礎は、約100年ほど前に出来上がったと言われています。顎の小さい日本人には抜歯が必要不可欠であり、矯正のために歯を抜くことも当たり前とされていた時代です。 当時から考えますと、現代の矯正歯科は技術的にも進歩していることがわかります。抜歯が比較的必要ないとされる「デーモンシステム」などの治療法が開発され、日本でも歯列矯正の普及率が年々高くなっています。身体の健康を第一に考え、最善の治療法を選べるようになったと言っても過言ではないでしょう。

歯列矯正の今後の動向について

矯正歯科医療の発展は矯正器具に強く表れます。 矯正器具は治療にはかかせないものです。器具が進化したことによって今まで短所とされてきたことが改善され、より生活に馴染みやすいものを選べるようになりました。 例えば、従来の矯正器具はワイヤーやブラケットを歯に装着する方法がとられていました。ワイヤーの力が強すぎて治療にかかる期間が長引いてしまったり、歯と歯の摩擦により食事中に痛みを感じることもありました。 しかし、現代の最新技術により摩擦による抵抗を少なくし、治療期間も短くするような装置が開発されたのです。これにより、歯に対する負担と費用に対する負担の両方を軽くすることに成功したのです。これからも矯正歯科医療の進化により、歯列矯正はより身近な治療へとなることでしょう。